不動産一括査定価格はあてにならない理由

イエウール机上査定【査定無料

イエウール机上査定・訪問査定【無料】

イエウールは匿名で不動産一括査定ができます。 イエウール机上査定なら誰にも知られることなく不動産査定ができます。 イエウール机上査定・訪問査定は完全無料です。

 

不動産一括査定というと、高い査定価格が提示されて、不動産を高く売ることができると思っている方も多いのではないでしょうか?確かに、高い査定価格が提示されて、その査定価格とあまり変わらないような価格で不動産を売却できることもあります。ただ、かといって不動産一括査定価格を真に受けてしまうのはよろしくありません。というのも、不動産一括査定価格はあてにならないのです。ここでは、不動産一括査定価格があてにならない理由について触れていきたいと思います。

 

仲介の場合には「査定価格=買取価格」ではない

不動産一括査定サイトを利用したときに、注意しておかなければいけないのが仲介なのかどうかという部分です。不動産の売却を考えている方が不動産一括査定サイトを利用することになるかと思いますが、不動産の売却にもふたつのパターンがあります。ひとつは不動産会社が仲介をして不動産の買い手を探すという仲介、もうひとつは不動産会社が直接不動産を買い取るという買取です。

 

不動産一括査定サイトを利用して不動産の査定価格を知ることができたとしても、それが仲介によるものなのか買取によるものかによって意味合いがまったく違ってきます。特に、仲介の場合には査定価格がそのまま買取価格になるわけではありません。というよりも、査定価格よりも実際の買取価格が下回ってしまう可能性もそこそこあるのです。

 

ただ、これは不動産一括査定サイトやその不動産一括査定サイトと提携している不動産会社が悪意を持って査定価格を提示しているというわけではありません。仲介の場合には、仕方ない部分もあるのです。というのも、仲介の場合には不動産会社が仲介をする形で不動産の買い手を探すことになります。買い手を見つけるために不動産会社もお金をかけてあれこれと仕掛けることになりますので、その分のコストを考慮していかなければいけないのです。

 

不動産一括査定サイトを利用した場合、それが仲介による査定価格なら買取価格とイコールにはなりません。この点は不動産一括査定サイトを利用する上で、十分に理解しておきましょう。

 

そもそも査定価格というのは絶対的なものではない

不動産一括査定サイトを利用して得た不動産一括査定価格というのは、仲介の場合には買取価格とイコールにはならないという話をしました。ただ、そもそも仲介などに関係なく、査定価格というのは絶対的なものではありません。仲介であろうとなかろうと、査定価格と実際の買取価格がまったく同じということはそうそうないのです。

 

もちろん、仲介ではなく、不動産会社が直接その不動産を買い取るという場合の不動産一括査定価格であれば仲介のときよりは実際の買取価格に近くなるかとは思います。それでも不動産一括査定価格と買取価格がイコールになることはほとんどないのです。不動産一括査定価格は絶対的なものではないということも理解しておきましょう。

 

不動産一括査定価格はあくまでも目安

不動産一括査定価格というのは、先でもお話しましたように絶対的なものではありません。では、なぜ不動産一括査定価格が必要なのでしょうか?それは不動産査定における目安を得るためです。ユーザーはそれによって不動産の相場を知ることもできますし、いざ不動産を売却するとなったときにお金の面での覚悟ができます。不動産一括査定価格はそのための目安なのです。

 

そもそも不動産の価格というのは、そのときそのときで変わっていくものでもあります。都心からは離れているからと全体的にお手頃な価格帯の不動産が多かったエリアでも、海外からの旅行客が増えて世界的に注目されるようになると不動産の価格がぐっと上がるといったこともあります。今の日本ではこういったことが頻繁に起こっていますし、日本の不動産を海外の方が購入するようなこともあるのです。

 

このように不動産の価格が常に変わっていくものですし、不動産そのものの状態も不動産の価格に深く関係してきます。綺麗に見えても実は見えないところで劣化が進んでいて価格が下がってしまうようなこともありますし、魅力的なものでも立地の問題で安くなってしまうようなこともあります。

 

不動産というのは常に一定ではなく、常に変動しているものなのです。だからこそ、不動産一括査定価格も目安としかなり得ないのです。ただ、常に変動する不動産だからこそ不動産一括査定価格として提示された金額から下回ることもあれば、上回ってくるようなこともあるのです。過度な期待を抱いてしまうのはNGですが、変動的なものだと受け入れてしまうと不動産の売買も楽しみになってくるかもしれません。