不動産売却にかかる期間はどれくらい?ステップごとに必要な時間を説明

イエウール机上査定【査定無料

イエウール机上査定・訪問査定【無料】

イエウールは匿名で不動産一括査定ができます。 イエウール机上査定なら誰にも知られることなく不動産査定ができます。 イエウール机上査定・訪問査定は完全無料です。

 

不動産売却をしたい!と考えている人にとって、どれくらいの期間がかかるのかを知っておくことが重要になる場合があります。
転勤が決まったため時間がない場合など、なるべく早くに売ってしまいたいですよね。
この記事では、不動産売却にかかる期間をステップごとにご紹介します。

 

不動産売却にかかる期間はどれくらい?ステップを3つに分けて紹介

不動産売却にかかる期間を具体的な3ステップに分けてご紹介します。
結論としては、不動産売却にかかる期間は約4ヶ月以上と思っておくと良いです。

 

ステップ1.査定から不動産売却開始までに1ヶ月

この段階では、

 

  • 査定
  • 不動産会社と媒介契約を結ぶ
  • 不動産売却を開始

 

上記3点を済ませます。

 

不動産売却をしたい場合、まずは物件自体の価値を知る必要があります。
不動産会社に「査定」を依頼することで、不動産が大体いくらくらいで売れるのかの目安を出します。
その結果、納得した不動産会社と媒介契約を結びます。
不動産会社と媒介契約を結ぶことで最終的な値段を決めて、ようやく不動産売却を開始できます。
このとき、あらかじめどれくらいの期間物件が売れなかった場合にどうするのかを決めておくことをおすすめします。

 

ステップ2.売り出してから買い手が現れるまで(3〜5ヶ月)

売り出してから買い手がつくまでには、だいたい3〜5ヶ月かかります。
この際に、

 

  • 内覧の受け入れ
  • 条件の交渉

 

をします。
内覧希望者がいれば日程を調整し、対応をします。
このとき、近隣の関係についても聞かれることがあります。嘘はつかないように正直に答えるようにしましょう。
嘘をついてしまった場合、契約後の賠償金請求などのトラブルになりかねません。

 

ステップ3.売買契約から引き渡しへ(2週間〜1ヶ月)

内覧をした購入希望者が、購入へと進む場合は、ローン審査をすることになります。
購入者がローンを利用する場合は、審査に2週間〜1ヶ月かかることが多いです。その後引き渡しへと移ります。
契約から引き渡しまでの期間に新居の購入を並行して行うことで、スムーズに住み替えを行うことができます。
なるべく契約から引き渡しまでの期間と新居の購入時期をかぶせることで、比較的素早く手続きをすることができます。

 

このように、かなりスムーズに進んだとしても、だいたい4ヶ月以上かかることが多いです。

 

できるだけはやく売却をしたい!値下げはあり?なし?

多くの場合、相場よりも安い物件ははやく売れる傾向にあります。反対に、相場よりも高いと思われれば買い手がつきにくいです。しかし、これはあくまで個人の感覚なので、その値段を安いと思うかどうかは人それぞれ差が生まれます。
値下げをすることで買い手がつきやすいと言えますが、頻繁に値下げを繰り返してしまうと買主が値下げを期待して購入を待つ可能性があります。
こうなると、売買契約をスムーズに進めることができないので時間がかかってしまう場合があります。
また、宣伝をしすぎる場合も不信感を抱かせる可能性があります。何かを隠しているのではないかと思われてしまうと問題なので、なるべく相場通りの値段で販売するようにしましょう。

 

不動産売却に時間がかかってしまう理由とは?

不動産売却に時間がかかってしまう理由として大きいものを3つご紹介します。

 

1.担当者のモチベーションや能力が低い

物件を担当する営業マンがあまり力を入れてくれない場合や、営業能力が低い場合は物件の買い手が決まるまで時間がかかる場合があります。
例えば不動産一括査定サイトなどに登録していない業者だと、マイペースに進められてしまうことも珍しくないです。
また、大手だからと言って安心をしていると、営業マンの態度が悪く営業に支障が出る場合があります。
営業マンの人間力や営業力により、物件の決まり方に差が生まれると言っても過言ではありません。

 

2.競合物件が強い

例えば近くに、より条件の良い物件がある場合、そちらに買い手が持っていかれることが予想できます。
人は誰しも、駅近で築浅の広い物件を選びたいものです。
この場合は運が悪かったと思い、販売をしながら気長に待つようにしましょう。

 

3.住宅ローンの返済がある

住宅ローンがある場合にも売却することは可能です。
その場合、売却額と貯蓄をあわせてローンを完済してから引き渡しをするという決まりがあります。
どのタイミングで完済できるのかを計算してから売り出す必要があります。
引っ越しをするにも費用がかかるので、総費用をしっかりと計算して、完済できる時期の見通しができてから売却しましょう。
この計算が間違ってしまっていたり、何らかの理由で完済できないと、売却までの期間が長引いてしまいます。

 

不動産売却にかかる期間は4ヶ月以上!計画性を持って行動しよう

不動産売却にかかる期間は、少なくても4ヶ月です。状況によっては希望通りに進まない可能性があるので、できるだけ事前に考えて行動するようにしましょう。