不動産売却のベストなタイミングはいつ?状況別に解説!

イエウール机上査定【査定無料

イエウール机上査定・訪問査定【無料】

イエウールは匿名で不動産一括査定ができます。 イエウール机上査定なら誰にも知られることなく不動産査定ができます。 イエウール机上査定・訪問査定は完全無料です。

 

不動産売却に緊急性がない場合、できるだけ高い値段で物件を売りたいですよね。
不動産売却にかかる時間は、トータルで4〜6ヶ月であることが多いです。
不動産売却を半年以内に済ませたい!という人は、いますぐに不動産会社に査定をすることをおすすめします。
しかし、「今後もし機会があれば不動産売却を考えている」という人にとっては、いつが不動産売却にとってベストなタイミングなのかを知っておく必要があります。

 

▼この記事が役に立つ人

  • いつか不動産売却をしたいと考えている人
  • 不動産売却にベストなタイミングを知りたい人
  • 数ヶ月以内に不動産売却が必要な人

 

不動産売却にベストなタイミングはいつ?いますぐ考える必要あり?

不動産売却にかかる時間は、売り出しを始めてから買い手が見つかるまでに約2〜3ヶ月かかることが多いです。また、引き渡しまでの期間を考えると、5〜6ヶ月ほど見ておく必要があります。
不動産売却には、必要不可欠なステップ複数踏む必要があるので、急いだからと言ってすぐに完了するものではないのです。

 

半年以内に売却したい人は今すぐ査定をしよう!

数ヶ月〜半年以内に売却をしなくてはいけない/したい場合は、今すぐに不動産会社に査定を依頼することを強くおすすめします。
不動産一括査定サイトを利用して、複数の不動作会社に机上依頼をするようにしましょう。
その中から、対応が良く仕事がはやそうな営業マンに訪問査定を依頼して、売却を開始することをおすすめします。

 

半年以上〜いつか不動産売却を考えている人

まず、不動産売却は、売却完了(引き渡し完了)までに最低でも半年はかかると思っておくべきです。
もちろんスムーズに進むことが理想的ですが、そうならなかった場合を考えて、平均で半年をみておきましょう。
あとは、ご自身の理想を状況別で判断することをおすすめします。
状況について、詳しくご紹介します。

 

不動産売却におすすめのタイミングを状況別に説明!

売却をしたいと思う状況別にご紹介します。

 

おすすめのタイミング①:引っ越しシーズン(1〜3月)

年度が変わる1〜3月は、不動産会社の繁忙期です。
進学、転職、転勤などにより転居をする人が多いので、新居を探している人が多いです。
この時期は、需要が高いだけでなく、物件が高く売れるというメリットが大きい時期になります。
実際特に2〜3月は成約件数が多く、比較的高めの値段で物件が売れやすいです。

 

おすすめのタイミング②:土地の価格が上がったとき

実際、購入価格よりも高く売れるというのは稀です。
なぜなら、物件自体の価値は年々下がっていくものだからです。
だからこそ、購入時よりも高く売れた場合に多いのが「土地の価格が上がったから」という理由です。日本経済についてはしっかりとチェックしておきましょう。
とは言え、日本経済に関係なく土地の価格が上がる場合があります。それが、「周辺が再開発されているとき」です。
再開発とは、「まちづくり」のことです。
このまちづくりが成功した場合、街の雰囲気が一気に変わり、土地の価格が急上昇することがあります。
そのエリアにもともと物件を持っていた人は、そのタイミングで売ることで一気に利益を出すことができる可能性があります。
例えば、神奈川県川崎市にある武蔵小杉エリアは土地の価格が急上昇した良い例です。
よくある話にはなりませんが、このような状況があれば幸運だと思って良いでしょう。
特に特に駅や駅周辺が開発されるときや、大型の商業施設ができる場合などは目を光らせておくと良いです。
反対に物件の購入を考えている場合も、開発予定のエリアに注目しておくと良いと言えます。

 

おすすめのタイミング③:新築マンションの値段が上がっているとき

付近にできた新築マンションの値段が高いとき、その周辺にある中古の物件に需要が集まる場合があります。
どんな人も新築に住みたいものですが、値段が高ければ中古でも安くて良い物件の需要は上がるものです。

 

おすすめのタイミング④:不動産物件の価格が落ちきる前

不動産物件の場合、築年数が上がるにつれ、値段が下がります。
そして、マンションと一軒家どちらもだいたい15年〜20年を境に値段ががくっと下がります。
出来るだけ高く物件を売却したいなら、15年以内に売却することをおすすめします。

 

おすすめのタイミング⑤:税率が低くなったとき

不動産を売却して収益が出た場合、譲渡所得が割り当てられます。
この譲渡所得の税率は、売却した不動産を所有していた時期によって変わります。
所有期間5年以下で売却した場合の税率は高いので、気をつけるようにしましょう。
とは言え上記のおすすめのタイミング④でご紹介した通り、築年数15年以上の物件は値段が下がってしまうので、売却して収益が出る場合はこの2点のバランスを見ておくと良いと言えます。