イエウールの良い評判と悪い評判を分析

イエウール机上査定【査定無料

イエウール机上査定・訪問査定【無料】

イエウールは匿名で不動産一括査定ができます。 イエウール机上査定なら誰にも知られることなく不動産査定ができます。 イエウール机上査定・訪問査定は完全無料です。

 

自分の評判がどうなのか気になるのと同じように、自分の利用する予定のサービスに関してもその評判は気になるものです。今は新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、不動産の売却を考えている方も多いでしょう。そういった中で、不動産一括査定サイトの需要が高まっています。不動産一括査定サイトの中でも特に知名度の高いイエウールなのですが、その評判はどうなっているのでしょうか?ここでは、イエウールの良い評判と悪い評判をまとめ、分析していきたいと思います。

 

イエウールの良い評判

イエウールの良い評判に関しては、以下のようなものが挙げられます。

 

「サイトが使いやすい」
「操作が簡単だった」
「良い不動産会社を見つけることができた」
「不動産会社からの連絡が早かった」
「売却価格が高かった」
「査定金額が高かった」

 

イエウールをサイトして評価しているようなものもあれば、イエウールと提携している不動産会社や不動産会社の提示した金額を評価しているようなものが多い印象です。

 

イエウールの悪い評判

イエウールの悪い評判としては、以下のようなものが挙げられます。

 

「大手と言っても提携している不動産会社が限られている」
「問い合わせがフォームしかない」
「不動産会社からの連絡がしつこい」
「不動産会社の対応が悪い」
「査定金額が安かった」
「査定結果よりも売却金額が安かった」

 

イエウールへのサイトとしての不満もあれば、イエウールと提携している不動産会社への不満といったものもあります。

 

イエウールの評判を分析

では、イエウールの良い評判と悪い評判をそれぞれ分析していきましょう。

 

まず良い評判に関してですが、サイトとしての使いやすさや操作性といったものに満足している声が多い傾向にあります。実際にイエウールのサイトというのはシンプルで見やすい仕様になっている上に、不動産一括査定の申し込みをするにあたっても複雑な操作は必要ありません。そういった簡単な操作のみで、複数の不動産会社の中からより良い不動産会社を見つけるためのサイトなのですから、イエウールへのサイトとしての良い評判はある意味で納得できるものというか、当たり前とも言えるものです。

 

また、イエウールと提携している不動産会社に関しても連絡が早いといった対応を評価する声もありますし、売却価格や査定金額に満足している声が多く見受けられました。もともとイエウールは不動産会社と提携するにあたって不動産会社を吟味していますので、対応のいい不動産会社がいるのも当たり前のことです。売却価格に関してはその時々で変わってくる部分もあるでしょうが、査定金額に関しては不動産一括査定サイトという性質上、水面下で不動産会社同士の競争が起こりますので査定金額が高くなるというのも納得できる部分です。

 

一方で、イエウールの悪い評判はどうでしょうか。イエウールというサイトへの悪い評判というのは、その根底に「もっとこうしてほしい」といった気持ちが見え隠れしています。大手でも提携している不動産会社が限られているというのは、もっといろいろな大手の不動産会社と提携してほしいという気持ちの裏返しでしょうし、問い合わせがフォームしかないのも別の形での問い合わせ窓口を設置してほしいということなのでしょう。ちなみに、イエウールは電話での問い合わせにも対応はしているのですが、あまり使ってほしくないらしくわかりにくいところに電話番号が掲載されています。どちらにしても、問い合わせにはフォームを使ってほしいという意思表示なのでしょう。

 

イエウールではなく、不動産会社への悪い評判というのは単純にハズレにあたってしまったという部分が大きいのかもしれません。不動産会社からの連絡がしつこかったり、対応が悪かったりというのはあまりよろしくない不動産会社が紛れ込んでいたという可能性が高いです。もちろん、どう受け取るかはユーザー次第の部分でもありますので、相性が悪かったのかもしれません。

 

不動産会社に関しては査定金額の安さ、査定結果よりも安かった売却金額といったものについても悪い評判があります。これも不動産会社に非がある可能性もあるのですが、不動産に問題があった可能性もあります。というのも、不動産会社だからこそ見えてくる不動産の悪い部分というものは確かにあって、そういったところから査定金額が下がってしまうこともあるのです。おまけに不動産の価格というのはいろいろなものに左右されることになりますので、査定してもらったときから売却するまでに時間が経っていると査定金額と売却したときの金額に差が出ることもあるのです。もともと査定金額が売却したときの金額とイコールとなるわけではないので、ユーザー側の認識が間違っている可能性もなくはないでしょう。