イエウール机上査定のデメリットとは?悪い評価の具体的な理由を紹介

イエウール机上査定【査定無料

イエウール机上査定・訪問査定【無料】

イエウールは匿名で不動産一括査定ができます。 イエウール机上査定なら誰にも知られることなく不動産査定ができます。 イエウール机上査定・訪問査定は完全無料です。

 

不動産一括査定サイトの最大手として有名な「イエウール」は、評判も良く人気の高いサービスです。提携している不動産会社も多く、利用者が多いです。
しかし、実際にはデメリットも存在します。

 

▼この記事でわかること

  • 不動産一括査定サイト「イエウール」のデメリット
  • イエウールでのトラブルを事前に回避するための方法

 

この記事では、イエウールを利用することのデメリットや、イエウールを利用することで起こりうるトラブルの回避方法についてご紹介します。

 

イエウールのデメリットとは?悪い評判の理由

業界最大手のイエウールですが、良い評判ばかりではありません。
悪い評価から見つけることのできるデメリットについて見ていきましょう。
目立つものとして2つ、ご紹介します。

  1. 不動産会社から電話がくる
  2. 不動産会社が希望者の意図をつかめていない

 

イエウールについて悪い評判としてあげられているものは、イエウール自体への悪評ではなく、イエウールと提携している不動産会社についての悪評でした。

 

1.不動産会社から電話が来る

イエウールで物件の登録をすると、イエウールから受付完了のお知らせメールが届きます。
そこには、「受付完了から数日の間に見覚えのない電話番号から着信がある場合には不動産会社からの連絡である可能性が高いです。」との記載があります。
そして実際、平日の日中にも関わらず不動産会社から電話が来るようになります。
平日の夕方には不動産会社が閉まってしまうので、折り返すことも難しいです。
メールアドレスを送っていても、電話番号に直接電話が来ることがほとんどです。

 

解決方法:電話に出られないことを伝える!

電話には出ることができない旨を、備考欄に記入しておくと良いです。
また、電話ができる時間がある場合は希望を記載しておきましょう。
また、家族に内密に査定をしたいなどの意思がある場合は、その旨を備考欄に書いておきましょう。

 

2.不動産会社が希望者の意図をつかめていない

どの不動産一括査定サイトでも同じですが、入力フォームには「査定額を知りたいだけ」なのか「売りたい意思が強いため査定をしてほしい」のかを選択する項目がありません。
そのため、不動産会社は査定依頼が来ると、熱心に連絡を取ろうとしてきます。
不動産会社によっては、とても穏やかに話をしてくれる場合もありますが、中には熱心になりすぎて「実際に自宅に訪問して話を聞きます」というような不動産会社もいます。

 

解決方法:査定だけ依頼したい旨を伝える

もしまだ不動産を売却する意思が薄いのであれば、その旨を備考欄に記載しておくことをおすすめします。
とは言え、築年数や地価により査定額は変わるので、事前に査定をしてもらうことにあまり意味はありません。
どうしても気になるという場合じゃない限り、不動産査定の依頼をするのは控えた方が良いかもしれません。

 

悪質な不動産業者に注意!その特徴3点

とても親切にしてくれる不動産会社もあれば、悪質な不動産会社に当たってしまう可能性もあります。
トラブルを未然に防ぐためにも、以下の3点に注意してみましょう。

  1. 何度も電話をかけてくる
  2. 無理にでも訪問しようとする
  3. 営業職が強すぎる

 

都合が悪いのでメールで連絡をしてほしい旨を伝えても、しつこく電話をかけてくる不動産会社もあります。
また、断りを入れても訪問をしたいと言ってくる営業マンがいる場合もあります。
いずれの場合も売却希望者の意思を無視しているため、迷惑行為に当たると言っても過言ではありません。

 

イエウールのデメリットを見つけたら報告しよう!

イエウールでは、クレームの多い不動産会社との提携をストップするシステムを導入しています。
だからこそ、不動産会社からしつこい電話がきた場合は、イエウールに直接報告するようにしましょう。
このように、今後のトラブルを事前に回避することができます。

 

イエウールでは事前の対策をすることでデメリットを解消できる!

イエウールのサービス自体のデメリットというよりも、不動産会社の迷惑行為による悪い評価がついていることがわかりました。
このような迷惑行為によるトラブルを防ぐためには、事前に希望事項や、電話での連絡を希望しない旨を伝えておくことをおすすめします。

 

とは言え、営業マン次第で評価が変わってしまう部分があるので、必ずしも良い対応を期待できるわけではないようです。
イエウールはクレームの多い不動産会社との連携をストップしていますが、迷惑行為についてクレームが入っていない場合は管理も行き渡ることがありません。
イエウールは売却希望者の意思を重要視しているため、希望と反する迷惑行為にあった場合には、イエウール側に対応をお願いすることもできます。
今後のトラブルを事前に回避するためにも、しっかりと報告するように心がけましょう。