イエウール良い口コミと悪い口コミを分析

イエウール机上査定【査定無料

イエウール机上査定・訪問査定【無料】

イエウールは匿名で不動産一括査定ができます。 イエウール机上査定なら誰にも知られることなく不動産査定ができます。 イエウール机上査定・訪問査定は完全無料です。

 

新型コロナウイルス感染拡大の影響もあって、不動産の売却を考える方もかなり多くなっているようです。そういった中で、不動産一括査定サイトの需要も高まっています。不動産一括査定サイトは乱立していると言っても過言ではないのですが、その中でも特に高い知名度を誇っているのがイエウールです。知名度が高い分、ユーザーもとても多い傾向にあります。そこで気になってくるのが実際に使った方の口コミです。ここでは、イエウールの口コミについて掘り下げていきたいと思います。

 

イエウールの良い口コミ

イエウールの良い口コミとしては、以下のようなものが挙げられます。

 

「中高年でも簡単に使える」
「手軽に利用できるのがいい」
「サイトにいろいろ情報があって便利」
「不動産会社が要望を聞いてくれた」
「思っていた以上に査定金額が高かった」
「満足いく金額で不動産を売却できた」

 

イエウールをサイトとして評価している口コミやイエウールというサービスに満足している口コミもあれば、イエウールと提携している不動産会社を評価している口コミも見受けられます。いずれにしても、ユーザーのニーズを満たしていることが良い口コミにつながっているようです。

 

イエウールの悪い口コミ

イエウールの悪い口コミとしては、以下のようなものが挙げられます

 

「電話で問い合わせができないので不便」
「不動産会社の感じが悪かった」
「机上査定を希望しているのに訪問査定しかできないと言われた」
「不動産会社が勝手に話を進めようとした」
「不動産会社からの電話がしつこい」

 

イエウールのサイトへの不満もありますが、基本的にはイエウールと提携している不動産会社への不満のほうが多い傾向にあります。

 

イエウールの口コミを分析

では、イエウールの口コミを分析していきましょう。

 

まずイエウールの良い口コミについてです。中高年でも簡単に使えたり、手軽に利用できたり、サイトにいろいろな情報が掲載されていたりするのは、まさにイエウールの狙い通りという部分でもあります。不動産売却や不動産査定をより手軽なものにして、よりよい売却や査定を提供するのがイエウールの目的なのですから、この点で満足しているユーザーが多いのはとても評価できます。

 

また、イエウールと提携している不動産会社に関しては要望を聞いてくれたり、高い査定金額を出してくれたり、満足いく金額で不動産を売却してくれたりといった対応やお金の面での良い口コミが目立ちます。基本的に不動産会社はユーザーへの要望をきちんと聞いておかないとイエウールから提携を解除されてしまう可能性が高まります。イエウールという不動産一括査定サイトだからこそ水面下での不動産会社同士での競争で査定金額も高くなりますし、複数の不動産会社から比較検討できるのでユーザーにしてみれば不動産売却に関しても満足いく結果につながりやすいという部分があります。イエウールと提携しているからこそ不動産会社はユーザーを満足させるような対応をしたり、結果を出したりしなければいけないとも言えます。

 

一方で、イエウールでは悪い口コミも見受けられます。イエウールのサイトそのものへの不満としては、電話での問い合わせができない点を挙げている方が多い印象です。逆に言えば、それ以外にイエウールへのサイトとしての不満はないということでしょう。ちなみに、イエウールは電話での問い合わせができないわけではありません。とてもわかりにくいところではありますが、一応、電話番号を掲載しているのです。ただ、電話での問い合わせが必要になることはそうそうないので、もともとイエウールが用意している問い合わせフォームだけで十分でしょう。

 

イエウールの悪い口コミに関しては、不動産会社へのものが圧倒的に多いです。感じが悪かった、机上査定を希望しているのに訪問査定しかできないと言われた、勝手に話を進めようとした、しつこく電話をしてくる……こういった部分に関しては、ハズレの不動産会社にあたってしまったと思うしかないでしょう。イエウールのほうに苦情を入れれば、イエウールのほうで対応をしてくれるはずです。ただ、理解しておきたいのが不動産会社も不動産会社で必死であるという部分です。不動産会社はイエウールにそれなりのお金を払っていますし、「不動産の売却を考えているユーザーだからこそ一括査定をする」と考えますので、イエウールで不動産一括査定の申し込みをしたユーザーに対して一生懸命にアプローチするのは自然なことでもあるのです。もちろん、その中でユーザーの気持ちを無視した言動が許されるわけではないのですが、お伺いの営業電話が1回くらい来るのは大目に見てあげてもいいのではないでしょうか?